相談事例

吹田の方より相続税に関するご相談

2024年02月05日

Q:相続税について税理士の先生に詳しく教えていただきたいです。(吹田)

吹田に暮らしていた父が亡くなり、相続が発生しました。父は不動産経営をしておりましたので、吹田の実家の他にも吹田に複数不動産を所有していました。預貯金も合わせるとそれなりの財産額になるので、相続税の申告は避けられないだろうと思っています。

相続は初めてのことですし相続税についてもまったく知識がないため、インターネットなどで頑張って調べてはいるのですが、専門用語が多く内容も複雑で焦っています。
相続税申告には期限があると聞いたので、できるだけ早く済ませたいと思っていますが、相続税申告の前にやらなければならないこともありますよね?税理士の先生、どのような手順で手続きを進めていけばよいか教えていただけないでしょうか。
また、相続した財産はすべて相続税の課税対象になりますか?もし相続税の課税対象外の財産があるのであれば、そちらも教えていただきたいです。(吹田)

A:相続税申告までの流れと、課税対象の財産についてご説明します。ご不安であればいつでも相続税専門の税理士にご相談ください。

せんり相続税申告相談室にお問い合わせいただきありがとうございます。まずは相続手続きの流れを簡単にご紹介いたします。

(1)相続人の確定
相続人の相続関係を第三者に証明できるよう、被相続人の出生から死亡までの戸籍をすべて収集し、相続人を確定させます。

(2)相続財産の調査
遺産分割や相続税申告、各種財産の名義変更などを正確にもれなく進めるために、被相続人の所有していた財産を調査しすべてを明らかにします。

(3)遺産分割協議
遺産の分割方法について、相続人全員で協議し決定します。決定した内容は遺産分割協議書という書面にまとめます。

(4)相続税申告
取得した遺産総額が、相続税の基礎控除額を超えた場合、相続税申告が必要となります。

(5)各種財産の名義変更
被相続人名義の不動産や預貯金などの名義変更をします。

以上が一般的な手続きの流れです。そして被相続人から承継した財産は、相続税が課税されるものと非課税のものがありますので、確認していきましょう。

【相続税の課税対象となる相続財産】

  • 預貯金、有価証券
  • 土地、建物 、土地に有する権利
  • 構築物
  • 乗り物
  • 家庭用財産
  • 事業用、農業用財産
  • みなし相続財産(死亡保険金など)
  • 相続や遺贈によって被相続人の財産を受け取った人が、被相続人の死亡前3年以内に受けた贈与
  • その他

【相続税が非課税となる相続財産】

  • ​祭祀財産(仏壇、墓地や墓石、仏具等)
  • 国、地方公共団体、特定の公益法人に寄附した財産
  • 心身障害者共済制度に基づいて支給される給付金を受ける権利
  • 相続人が受け取った死亡保険金のうち、非課税枠(500万円×法定相続人の数)までの金額
  • 相続人が受け取った死亡退職金のうち、非課税枠(500万円×法定相続人の数)までの金額
  • その他

吹田にお住まいで、相続税申告についてわからないことやお困り事がある方は、相続税に特化した税理士が在籍するせんり相続税申告相談室までお問い合わせください。初回の完全無料相談から、相続税の専門家が丁寧に対応させていただきます。
吹田の皆様からのお問い合わせを、所員一同心よりお待ちしております。

吹田の方より相続税に関するご相談

2024年01月09日

Q:相続税申告の手続きは税理士に依頼しないといけないのでしょうか?(吹田)

先月父が亡くなりました。バタバタとした日々が過ぎ、現在はやっと相続手続きを進めているところです。相続人は私と妹の2人なので妹が相続に関すること、特に相続税について調べてくれています。父の財産は預貯金と、家や土地などが複数あるため、相続税がかかることは避けられないと思います。私は、日頃から仕事が忙しく相続手続きに加え、相続税の申告手続きもとなると大変なので、専門家に依頼しようと考えていました。しかし、妹はお父さんが残してくれた財産を無駄に減らしたくはないと、相続税申告は自分でやると言いだしました。妹も仕事をしており、時間はあまりないはずなんですが、相続税申告に関する知識や経験のない者が手続きをすることは可能ですか?(吹田)

A:相続税の申告はご自身でもできますが、税理士であれば最後まで確実に対応いたします。

相続税申告をご自身で行うことは可能ではありますが、相続税申告は内容が複雑で、十分理解せずに申告をしてしまうと計算間違いなどをしてしまう恐れがあります。間違えたまま申告してしまうと、本来の納めるべき税金の他に過少申告加算税や延滞税などのペナルティが加算される可能性があります。その点、相続税申告を専門とする税理士は、相続税申告のプロですので、お父様の財産を無駄に減らすことなく、確実に申告納税するため安心です。また、忘れてはならないのが、相続税申告には期限があるということです。そもそも申告前に遺産分割を終えている必要があるのですが、この遺産分割協議はすんなりと終わることは珍しく、通常は非常に手間のかかる作業となります。しかもやっと話し合いがまとまったと思ったらすぐに相続税の計算をはじめなければならないため、ご家庭の事情次第では期間内に申告納税までを済ませるのは非常に難しいでしょう。
遺産に家や土地が含まれている場合の相続税申告はさらに厄介な手続きとなります。土地・建物はそのままではその価値は分からないため、評価のための複雑な計算や相続登記(名義変更)を行わなければならず、お手続き内容は更に煩雑になることは避けられません。

知識や経験のない方だけで手続きをすることは不可能ではありませんが、相続税申告の手続きは相続税申告を専門とする税理士ですら頭を抱えることもある厄介な作業です。さらに期限内に間違いのない申告をしなければならないため、税理士に申告業務の代行依頼をされる方が多くいらっしゃいます。

相続税申告は正確かつ迅速に行う必要がありますので、相続が発生した際は相続税申告を得意とするせんり相続税申告相談室の税理士にお任せください。吹田をはじめ、多数の地域の皆様から相続税申告に関するご依頼を承っているせんり相続税申告相談室の専門家が、吹田の皆様の相続税申告がよりよいものになるよう、手続き完了までしっかりとサポートをさせていただきます。初回のご相談は無料でお伺いしておりますので、吹田の皆様、ならびに吹田で相続税申告ができる事務所をお探しの皆様はお気軽にご連絡ください。

吹田の方より相続税に関するご相談

2023年12月04日

Q:相続税の計算時に父から受け取っていた贈与分の扱いについて税理士の先生に伺います。(吹田)

 初めてご相談します。先月、吹田の実家に住む父が亡くなり、葬儀や各種精算をしてこれから相続手続きを行うところです。相続税の支払いについてはまだ必要かどうかは分かりませんが、気になることがあります。
私と私の子は相続税対策として父から10年以上、年間110万を超えていない範囲で贈与をうけていました。両親からは贈与税の納付は必要ないと言われてきましたので贈与税は支払ったことはありません。先日、同じように親から贈与を受けていた友人に「贈与分も相続税の課税対象になる」と聞いたので正直不安でいます。今回父が亡くなったことを受け、これまでの贈与分はどのように扱われるのか教えてください。相続人は私と母の二人で、父は遺言書を残しておりません。(吹田)

A:相続税の計算時は、被相続人が亡くなる3年前までの贈与分を含めて計算します。

贈与分については、相続人と、相続人ではない方とでは相続税の計算上扱いが異なるため下記において確認していきましょう。
相続税の計算では、相続が開始された日から3年前までに受けた贈与分は相続税の課税価格に含めて計算することになっています。なお、2024年1月以降の贈与より、生前贈与加算の期間が7年に延長されます。
【対象となる方…被相続人の生前に財産を取得した下記の者】

・相続人
・受遺者
・みなし相続財産(生命保険金など)を取得した人
・相続時精算課税制度の適用者

対象者は贈与分を相続税の計算に含めて算出します。

ご相談者様はお父様が亡くなる前3年間に受け取った贈与分は課税価格に加算されます。なお、ご相談者様のお子様の贈与分については、基本的には対象外ですが、生命保険等を受け取っているかによって異なってきます。また、贈与税には特例もありますので、こちらについても確認しましょう。

相続税の申告納税は、専門的な知識をもってしても難しい分野となります。適当に計算を行って申告納税を済ませ、もしも本来申告すべき納税額より少なく申告してしまうと、後々ペナルティを受ける恐れがあるため注意しましょう。

せんり相続税申告相談室では、吹田のみならず、吹田周辺地域にお住まいの皆様から相続税申告に関するたくさんのご相談をいただいております。
相続税申告は慣れない方にとっては複雑な内容となり、多くの時間を要する手続きになるかと思われます。せんり相続税申告相談室では吹田の皆様のご相談に対し、最後まで丁寧に対応させていただきますので、安心してご相談ください。また、せんり相続税申告相談室では吹田の地域事情に詳しい相続税申告の専門家が、初回のご相談を無料にてお伺いしております。
吹田の皆様、ならびに吹田で相続税申告ができる税理士および事務所をお探しの皆様にお目にかかれる日をスタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。

吹田の方より相続税についてのご相談

2023年11月02日

Q:税理士の先生、相続税申告が必要になりそうなので吹田の不動産の評価方法について教えてください。(吹田)

私は吹田に住む50代男性です。先日吹田の実家に暮らしていた父が亡くなり、相続人である母と私と弟で相続について話し合っているところです。
父名義の口座に預金が3,000万円程残されていたほか、父は吹田に不動産を複数所有していたため、相続税申告が必要になるだろうと思います。相続税申告について調べたところ、相続税の納付額を計算するには財産の金額を明確にしなければならず、不動産の場合は評価を行う必要があるとわかりました。税理士の先生、相続税を計算するにあたって吹田の不動産はどのように評価すればいいのか、その方法を教えていただけますか。(吹田) 

A:建物は固定資産税評価額、土地は路線価方式あるいは倍率方式で評価した金額をもとに相続税を計算します。

吹田のご相談者様のおっしゃる通り、相続税申告の際は相続財産の金額を明らかにしなければなりませんが、不動産はその価値を金額ですぐに表せるものではなく、定められた評価方法で評価して価額を算出する必要があります。不動産は建物と土地にわけてそれぞれ評価します。

(1)建物の評価
建物は固定資産税評価額がそのまま評価額となります。こちらは毎年5月頃に郵送される固定資産税税納税通知書に記載がございます。この通知書は自治体によって多少様式が異なりますが、「価格」の部分に記載されている金額が固定資産税評価額にあたります。課税標準額の部分ではありませんのでご注意ください。

(2)土地の評価
土地は、路線価方式あるいは倍率方式を用いて評価します。
路線価方式とは路線価という、国税庁によって定められた土地の時価を用いた評価方法です。国税庁のホームページをご確認いただき、路線価が設定されている地域はこの方法で評価しますが、路線価から計算した金額がそのまま評価額になるわけではありません。その土地の形状や周辺の環境などを考慮し、状況に応じた補正率を乗じて評価額を下げることができます。土地の評価額が下がれば納付すべき相続税額を抑えることにつながりますので、評価額はできるだけ下げた方がよいとされています。
路線価が定められていない地域は倍率方式を用います。土地の固定資産税評価額に対し、地域ごとに定められた一定の倍率を乗じることで評価額を算出します。

土地の評価については、路線価方式、倍率方式のいずれの方法であっても専門的な知識が求められます。またその土地の状況によってはさらに複雑な計算が必要となる場合も少なくないため、吹田の土地評価については吹田の土地事情に精通した経験豊富な専門家に依頼することをおすすめいたします。

せんり相続税申告相談室では相続税申告についての知識と経験が豊富な税理士が、吹田の皆様の相続税申告をサポートいたします。吹田の皆様に安心してご依頼いただけるよう、初回のご相談は完全無料となっております。吹田で相続税申告が必要な方はどうぞお気軽にせんり相続税申告相談室までお問い合わせください。

吹田の方より相続税についてのご相談

2023年10月03日

Q:死亡保険金は相続税の課税対象になるのか税理士の先生に伺いたい。(吹田)

先日、吹田の病院に長らく入院していた父が息を引き取りました。これから相続手続きに入ろうと思うのですが、父は吹田の自宅以外にも吹田に不動産を複数所有していました。そのため相続税申告は避けられないと思います。相続税について自分なりに調べているのですが、死亡保険金の扱いがよくわかりません。死亡保険の契約者と被保険者は亡くなった父で、保険金の受取人は母、受け取った死亡保険金は2,000万円です。この2,000万円も相続税の課税対象として計算すべきなのでしょうか?なお相続人は母と私と妹の3人です。(吹田)

A:死亡保険金には非課税限度額があり、非課税限度額を下回る場合は相続税の課税対象ではありません。

民法上では受け取った死亡保険金は受取人固有の財産と見なされますので相続財産には含まれません。しかしながら、税法上では死亡保険金は”みなし相続財産”として相続税の対象となる場合があります。少々複雑でわかりにくいですが、保険の契約内容が相続税の課税対象となるかどうかの判断基準となりますので、契約内容をよく確認しましょう。

今回の吹田のご相談者様のように生命保険の契約者が被相続人で、被相続人が保険料の全額あるいは一部を負担していた場合、被相続人の死亡によって受け取った死亡保険金は相続税の課税対象となります。ただし、すべての死亡保険金が相続税の課税対象となるわけではありません。死亡保険金には非課税限度額が設けられており、相続税の課税対象となるのはこの限度額を超えた金額のみです。つまり受け取った死亡保険金が非課税限度額を下回る場合は相続税の課税対象から外れます。なお、死亡保険金を相続人以外の方が受け取った場合は非課税は適用されませんのでご注意ください。

非課税限度額は、以下の計算式で算出します。

死亡保険金の非課税限度額 = 500万円 × 法定相続人の数

吹田のご相談者様の場合は法定相続人は3人ですので、500万円×3人=1,500万円が非課税限度額となります。そのため受け取った死亡保険金は2,000万円のうち、差額の500万円が相続税の課税対象ということになります。

相続税の計算は複雑で、不慣れな方にとっては非常に大きな負担となります。せんり相続税申告相談室では吹田にお住いの皆様の相続税申告のお手伝いをしておりますので、相続税についてのご相談はどうぞ遠慮なくせんり相続税申告相談室までご連絡ください。初回のご相談は完全無料となっております。吹田の皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

まずはお気軽にお電話ください

0120-765-745(予約専用ダイヤル)

営業時間 9:00~19:00(土曜日は要予約)

初回の無料相談実施中!

  • 事務所概要
  • アクセス
  • メールでのお問い合わせ

堀口税理士事務所、堀口行政書士事務所、堀口会計コンサルティング㈱は、大阪府吹田市にある町の専門家事務所です。相続専門の税理士、行政書士として吹田・豊中・箕面・池田をはじめとする北摂エリアのみなさまのサポートをさせていただいております。お困りの方は当事務所の無料相談をご利用ください。

相続税申告安心サポート

  • 初回は
    相談無料

    初回のご相談は完全無料にて承ります(およそ60分)。

  • 出張相談
    対応

    ご来所が難しい方のために、出張相談に対応しております。

  • 強力な
    提携先

    相続に強い様々な専門家と提携しており、トータルサポートが可能です。

分野別メニュー

サイトマップ

まずはお気軽にお電話ください

初回の無料相談実施中!

0120-765-745

営業時間 9:00~19:00(土曜日は要予約) ※予約専用ダイヤル

  • 事務所概要
  • アクセス
  • メールでのお問い合わせ